MOLYGREEN 2輪用エンジンオイル4CYCLE 買ってみた。

モリグリーンのバイク用オイル。以前の記事で、UTCバイク4サイクルオイルについて書いてますけど、それと同じくコスパが良いと思っているオイルです。

プライス的には若干UTCオイルよりも値が張る。ネットショップを見る限りだけど。UTC4サイクルオイルが630円/1Lくらいで、モリグリーン4サイクルオイルが840円くらい。 “MOLYGREEN 2輪用エンジンオイル4CYCLE 買ってみた。” の続きを読む

スマートなLEDウインカー、ネックがNeck?

前回紹介した、LEDミニウインカー。

これ、ネック部がゴム系でグニャッと可動するので、軽くぶつけたりしても破損することが少ない構造。 “スマートなLEDウインカー、ネックがNeck?” の続きを読む

ZRX1200のイマイチな荷物積載性、何とかしたろっ。

さてさて、ハッと思いついたので、忘れないうちに記事ります。(記事りますって…変換できるんだ、妙な表現なのに。)⇦関係ないデスね。

ZRX1200、1100もそうだけど、荷掛けフックが無い。フックらしきものはタンデムバーに付いているけど、引っ掛かりが浅すぎ。バーは短いから、狭い範囲で荷物を固定しなきゃならない。ネットならショックのフックボルトに引っ掛けて被せば何とかなるけど…。

他の同排気量YAMAHA XJR1200には、ちゃんと格納式フックがフレームにセットしてあったりする。急な荷物を結束したりするのに、まことに便利なんだけど。ZRXシリーズには全く装備がない。これは正直、残念な部分。

普段は気にしてない。だけど、急に荷物を積載するって時に厄介なことになる。どうやってゴム紐で固定しようか?この狭い幅で固定できるか?フック引っ掛けるところが無いなぁ~ってね。

そんなのネット買ってリアサスフックボルトから引っ張って固定すればいいじゃん…そのとおりなんだけどさ。何ていうか、ネットって意外に収納嵩張るから。

ZRXの特徴、大きなセンター収納ボックス。ここはライバルに完全勝利な部分だね。でもカッパや工具、インナーとかを入れたらさすがに余裕無くなる。かといって、リアにバック積んで走るってのも…ロングツーリング以外はやりたくない。スッキリしたシルエットがいいもんね、やっぱ。

普段走りは、余計なものを付けない。出先で荷物ができたら、シート後部に固定して持ち帰るといったスタイルの性質(タチ)。最初からバックやケース装備して走るのは、ツーリングのような時だけにしたい。

だから、荷掛けフックが無い(無いようなもの)ZRXは、旅先荷物の積載にかなり不便を感じてしまう。ZRX系はそれが悩みの種。だから、シートを横断する分だけの長さのフック付きゴム紐を数本買った。長さは40cmだから、シート幅よりチョイ長いくらいでベスト。

これでシート端まで横断させれば、タンデムバー長さよりも広い範囲にわたって固定できるから、おおげさな装備も要らず持ち帰る荷物を難なく固定できる。

さすがに大きい・大量の荷物の固定は無理でも、普段乗りの近場走行とか日帰りツーリングくらいなら、そこそこ積載できれば事足りるからね。短い紐だから収納場所にも困らない。いざという時のために、持ち合わせていればきっと重宝するはず。

バイクは極力シンプルな車体で出掛けたい。でも、土産くらいは持って帰りたいなんてワガママな方(ウチに居ますけど。)は、こういった方法もオススメかな?と。沢山持って帰らない場合だけど、荷掛け性能が悪いZRXには有効なツールじゃないかな?

フック付きゴム紐のフックは、被覆すれば車体に傷が付き難いし装着も超カンタン。OTOさんは、これに自転車カゴ用の小ネットを併用するようです。40cm×40cmくらいのサイズだって。シート幅に合わせたようなサイズだから、いいんだとか。

フック付きのゴム紐、自転車カゴ用ネット、どちらもホームセンター販売品。数百円で購入できます。

参考になれば。

シルエットがシンプルなキャリアを付けるという方法も。こんな感じが好きな方はいかが?

カラーバリエーションが豊富。最近は、お洒落なカラーリングのキャリアが出てますねぇ。一昔前は、アルミカラーか、ブラック塗装しか無かったのに。

ZRX1200、リアホイールセンターは車体中心から右にズレている。

知る人ぞ知る事実。ZRX1200のリアホイールは車体中心位置からセンターが5㎜右側にOFFSETされている。つまり車体中心を境にシンメトリー(左右対称)ではなく、アシンメトリー(左右非対称)。 “ZRX1200、リアホイールセンターは車体中心から右にズレている。” の続きを読む