ZRX1200の排ガス規制と社外サイレンサー

純正エキゾーストは、2001~2003式まではスチールの黒、2004式~はステンレス製です。2000年排気ガス規制後の製造なので、エキゾースト集合部付近に触媒(キャタライザー)入り。

スポンサーリンク

2004式からはサイレンサー結合部付近にも触媒(キャタライザー)が入ります。
2007年からはエキゾーストパイプ先端部分にも入っているとか何とか。

排気ガス規制車に社外のサイレンサーに交換すると、スロットルオフでパンパン鳴る“アフターバーニング”が起きます。

これは、排気の抜けが良くなることで、スロットルオフ時に不完全燃焼なシリンダー内のガスがマフラー内に誘導され、熱で発火し爆発することから生じる現象。

厳密には、純正サイレンサーでも発生しているので故障じゃありません。純正は排気抜け(圧)が適正値に保たれているので、シリンダー外で燃焼するガスが極小量なのです。

あまりにパンパン鳴りすぎるのは、エンジンやマフラーシステムに悪影響があります。最悪な場合、エキゾーストが真っ赤に焼けたりエンジンが焼付いたり。危険です。

適正な時間を掛けてシリンダー内で燃焼し、適正な圧力を掛けて排気するから“power”が出るのです。

サイレンサーのバッフル径が大きければ迫力ある音が出ますが、だからといって“power-up”にはならない。

息を手に吹きかけてみてください。口笛吹くみたいにすぼませた場合と口を開けた場合と。手が受ける息の圧力が全然違いますよね?

圧力が強いほうが前方への推進力があるわけです。口が大きく開くから強いのではないことが理解できると思います。

かといって社外サイレンサーはダメ?でもない。車検対応の排気触媒(キャタライザー)付きの適合品も販売されています。

スポンサーリンク

ただ…高回転域ではいわゆる“詰まる”感じはあるようです。車体振動(バイブレーション)も大きくなり、速度を上げる気持ちが薄れる?(それも狙い?)

「クォーンという高回転域サウンドを後ろに走りたいやん。ストレート構造のサイレンサー、乗ってりゃ着けたくなるって。」(OTOさん、語る~)

OTOさん、フルエキゾーストだったのに、「車検の度に交換って、面倒だ~」…ハイハイ。(-_-;)

ということで、ヨシムラ、TSUKIGI、STRIKER、逆車、OVER、AKRAPOVICのボルトオンサイレンサーを着けては外し、繰り返したらしいです。(まったく…何時の間に。)

2001初期モデルのZRX1200Rに装着したら…。

2001~2003年式のエキゾーストはキャタライザーが1箇所。社外サイレンサーを着けるとアフターバーニング出る。でも、どれもそんなに酷くはなく、まぁ、許容範囲だとか。

2004年式以降のエキゾーストには、キャタライザーが2箇所にあるせいか、社外サイレンサーでも低中速域まではアフターも小さい。

でも、高速域になるとエキゾーストの排気抵抗からか、車体振動(バイブレーション)が大きくなる。

特に、輸出モデルのサイレンサーは、90㎞あたりでブルブルと振動が気になり速度も乗らない感じになる。

だそうです。

なので、2001年式では、有名どころの社外サイレンサーは大体使えそう。中でも、OVER、AKRAPOVIC製は、トルクがあって好感触だったとか。

2004年式ZRX1200は所持していないのでインプレできませんが、この年式からはエアインテークも狭く、キャブレターのニードルやジェットも番手が低くなっています。

つまり、2003年式以前より上で回らないエンジンになる?実際、5馬力出力が下がっています。ボルトオンサイレンサー、排気抜けが良すぎる製品はちょっと…どうかなぁ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です