ZRX1200RキャリパーサポートをPLOT製に交換したら…

フロントブレーキのジャダーの原因が、付いてるブレンボ40㎜ピッチのキャリパーサポートにある?

スポンサーリンク

出処が不明な製品。キャリパーセンターが出ていない。内側に偏心してるので、厚みを削って使うしかなく…。

これが現在付いてる
キャリパーサポート

切削を頼んだら高価すぎて断念。新品メーカー品を購入したものの、在庫トラブルですったもんだの挙句…。

オクで落札したPLOTのキャリパーを装着することに。装着されてたサポートとの比較がコレだ。

まさかの3㎜…結構、影響あるゾ

なんと、厚みが3㎜もPLOT製のサポートが厚みが薄かった。3㎜外側に偏心するとなれば、おそらくセンターが出る?

現在は、内側に偏心しているので、外側のキャリパーピストンがほとんど突出していない状態に近かった。

パッドがディスクに接触気味で、微妙なディスク表面の凹凸を拾うとすれば、3㎜外側オフセットの効果は大きい。

スポンサーリンク

同時に、今までこのキャリパーサポートでジャダーが出なかったのは何故という疑問が。

交換前のディスクはオフセット値が違った?同じZRX1200R用を装着しているんで、それは…考えにくいけど。

かといって絶対に無いとも言えない。メーカー製品差は多少なりとあるだろうし…今更深掘りは…やめやめ!

とにかくPLOT製を装着してみた。造型が凝ってあるだけ映りもイイ。というか、前のチープ加減が際立つな~。

付いてたサポート、こうして見ると個人規模の製造品っぽいなと。加工は単純、3㎜という肉厚の差、研磨の有無…。

加工が13㎜厚と中途半端だったという事実からも、両方を比較した今となってはそう思える。

PLOT製を装着した結果、キャリパーセンターは出た。やはり設計値をしっかり出すのはメーカー製品だからと実感。

とりあえず、brembo40㎜ピッチ用キャリパーサポートがジャダー原因という線は対策を講じた。

あとは試走で確かめる…そうしたいけど、もう冬だし。来春、楽しみにしようかな?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です