MV AGSTA F3 800、初イタリア車、いろいろ探ってみて思うこと…。

Made in Italyのアグスタ。Webでは不具合や故障の記事が溢れる。

小企業で部品の調達に相当な時間が掛かるとか、壊れて乗れない長い時間を許容できる人のバイクだとか…。

MV AGUSTA F3 800
スポンサーリンク

イタリアデザインの優美さを誇りつつも、製品としての精度、会社の規模も絡めてキビシイ意見が…。

これから購入を考える人には、不安になるような記述が並んでいる。事実なんだろうとは思うけど、これほど不具合が発生するんだろうか?というのも正直なところ。

いくら海外製とは言え、本国で売られ走っているんだし。同じものが日本ディーラーに入っているわけで、いくらなんでもそんな車体ばかりとは…思えない。

不具合が多いとしたら、初期型には考えられるかも?いろんな試験を経て発売される日本車でも発生する頻度は高い。

試験と実用では条件や環境も違うから、設計で予想していなかった事態が起きるはず。それがフィードバックされ、対策されて性能が安定していく。

アグスタF3もそれは例外ではないと思う。だから、電気系統の不具合が多いってのは、この初期モデルじゃないのか?なんて思ったりする。

それと、使い方による故障や不具合もあるんじゃないかな?と。高温多湿な日本と地中海の温暖で乾いた気候のイタリア。

パーツ素材の耐用性に差があるんじゃないかと。条件は日本の方が厳しいような気がする。

そして、そんな条件の中で使用するとなると、設計の想定を超えた消耗によって不具合を生じるとか…。

レース規格を想定したF3の675㏄と同じように、ストリートユースが想定のF3 800を走行会で走らせ、共用するパーツが設計許容を超えていたとか…。

そんな感じのものも「不具合」として書き込まれているんじゃないかい?もちろん、そうとも言い切れないけど。

ウインカーのバルブ切れとか、カプラー配線接触不良での警告表示とか、日本製だってよくある話。センサーの初期不良だって珍しくないよ。

それに…最近の外国製バイク、IC系のパーツ、使われてるのは日本製品も多い…。

という事は、イタリア製だからといって不具合が多いとは言えないんじゃ?後発年式には対策も施されているだろうし。

初期不良が多そうなのは、やはり初期型2013年式かな?と思うけど、どうだろ?

それから、不具合(というより故障かな?)の発生は、保管や使用の形態とかも要因として大きいんじゃないの?

・たまに乗る
・点検はディーラー
・日常点検はしていない

とか。

これじゃ、バッテリー劣化やバルブ切れ、ウインカースイッチ、ブレーキパッドの消耗などには普段気付かない。

・夏場の走行
・長距離、長時間走行
・走行会メイン
・サイドカウルは基本外さない

スポンサーリンク

こんな感じだと、熱変形や腐食を誘発し故障を招くことになりかねない。気候が変化が激しい日本だから、普段使用でも負荷が大きいと思う。

こんな視点でWeb内の記事を見返してみると…

不具合は、アグスタF3 800だから、イタリア車だからじゃないってのは、あながち的外れでもない気もする。

それから、故障が多いって評価。(自論として)裏には、

「デリケートだから、乗る側の資質も要るんだ。包容力がないなら止めたほうがいい。」

なんて、希少価値、ステータス温存のため?という意図が見え隠れしないでもない…。

ぞろぞろとアグスタが並んでいたら、憧れ・羨望が薄まっちゃうから。価格と性能で更に秀でたバイクはたくさんあるけど、「イタリアの宝石」は特別扱いされてきた。所有=ステータスみたく。

普及し過ぎるとそれは崩れるから。だから、「不具合・故障」が多いということでユーザー数を寄せない企てをしたがる…。なんて考えすぎ?

とはいえ、アグスタの不具合・故障が心配だったから、自分が質問した内容とカスタム・修理の取扱いショップや販売店からの回答を載せておくよ。

Q:アグスタは故障のWeb記事が溢れていますが、それほど故障が多いの?

A:アグスタに限らず、日本製に比べれば、外国車は故障に出会う確率は上がると思います。ただし、最新型に近いものでは発生する頻度は少ないと思います。

A:Webで語られるほど特別不具合が多いという感じはしてません。お客様にF3を所有の方がみえますが、特に不具合は聞きません。ただし、個体差はあると思います。でも、それは国産も同じです。

Q:他社で購入しました。ディーラー購入でもありません。ディーラーではメンテを拒まれるかもしれないので、外国車修理実績のある御社でメンテしてもらえますか?

A:外国車ディーラーでの経験を踏まえ、バイクショップを営んでいます。アグスタのメンテもお引き受けできます。当社でよろしければ一度お越しください。

A:当社では、部品調達ができませんのでお引き受けできません。ディーラーでご対応をお願いいたします。→これ、〇イコラ〇ド。“あっさり”でしたー。ブルタレやF3の試乗会やってたのにですヨ!

(;一_一) b ショウヒン ウルダケガ ショウバイ ジャネーゾ!

Webで溢れるほど、故障は無いのかも?

メンテナンス頼めるショップもある

という事や、オイル交換やフィルター交換は、持ち合わせ工具でDIYしてる人もいるので、ちょっとホッとした。

という話でした。ご参考になれば。

さてと、これで多少は気楽に乗れる…かな?MV アグスタF3 800

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です