凹んだチタンマフラー、直す。そして車検へ。

先日まで、モナカマフラーを装着していたのですが、もうすぐバイクシーズンもオフになる。そうなると春先の車検がチラリと頭をよぎる。

スポンサーリンク

車検で純正マフラーに戻す作業、寒い日にはやりたくない。だから、このくらいの時期に戻しておくんです。

その作業が簡単にできるように、純正マフラー&スリップオンサイレンサーの組み合わせで、この数年落ち着いていたのですがねぇ~。

OTOさん、純正マフラーの再塗装の代替マフラーとして、モナカマフラーをオークション落札して装着したもんだから、「純正戻し」をやらなきゃならなくなった。

で、お仲間とのツーリングも一段落したし、純正マフラーの再塗装も完了しているので、いざ交換作業に向かったようですが…。

純正サイレンサーを付けるマフラーエンドのガスケットリング消耗で、排気ガス漏れ。早速、ガスケットをオーダーしようとしたら、在庫切れで少し時間が掛かる。

「純正マフラーに変えられないんじゃ仕方がないな、車検対応の社外マフラー、見栄えするし買ってしまおう。」

「多少の傷や凹みくらいなら直して使えるし、傷もんなら安く落札できないか?}

という感じになれば、もう落札してるんだ~。ヨシムラのチタンマフラー。エンドパイプが凹んでいて、手頃な価格だった?(-_-;)

ベッコベコっじゃないけど、凹んでるねー。目立つっちゃ目立つかな?まぁ、排気効率が落ちるほどではないから、そのままでも使える感じ。

スポンサーリンク

「えーっ」

だけど、これ直す?板金すんの?下手すると見栄え悪くなるぞ~。板金道具なんて無いのに。

「ま、凹んでる場所が場所だかんな、凹ましたから直したんだな~くらいになってれば、味が出ていいやろ?」

出たー。またOTOさんの妙~なこだわりが。(^_^)だれが見るわけでもないと思うんだけどね~。何か手を加えないと満足しないだけ?でしょう。

で、なんか鉄パイプを中に当てて、プラスチックハンマーでコンコンやってました。「なんか出ないなー、上手く膨らまないなぁ」とか言って。

「ま、こんなもんだろ?素人板金だからな。有り合わせの道具じゃ仕方がないワ、多少の不細工は。」

という事で、修復したのがコレ。結構凹みが治っています。多少ボコボコしていますが、これが有り合わせ道具で作業の結果。

でも、あまり目立たないし最初の凹んだものから比べれば、ここまで直せれたなら、成功でいいんじゃない?

「余計なところを叩いて、新たに微妙に凹ましたところもあるから…成功ではないが、ま、ええんちゃうかと思うワ。」

これで、車検も受けられるようだし、マフラー交換作業もやらなくて良くなったから、シーズンオフまで気兼ねなく乗れるね

YOSHIMURA チタンサイクロン キャタライザー付き 2001排ガス規制対応
JSMA認定№ 00129215

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です