メーカー不明なモナカマフラー、走ってみた感想は?

OTOさん、モナカマフラーで走行してきたんで、どんなだったかを聞いてみた。

スポンサーリンク


どこのメーカーなのか分からない代物。100Kmほど走ったそうです。

粗悪なものではないようだけれど、モリワキではないし、MISTYでもない。最近調べてみたらドレミコレクション?というところの仕様によく似ているなと。結局は、特定できないまま。

それはさておき、実際の走行でのOTOさんインプレです。

エンジンが冷えてるとき、チョークを引くと一瞬カブり気味に。すぐ吹き上がるので特に問題は無い。アイドリング状態からのスタート、まぁ、普通にスムーズに前に出る。

トルクが細くてエンジン回転上げないとエンストするといったような心配は無さそう。

スポンサーリンク

加速も特にピックアップがイイという訳ではないけど、ノーマル同等で特に不満ないレベル。

排気サウンドは比較的おとなしめ。スロットルが開けやすく、ついついメーターを見て「!」と…。

コーナーの立ち上がり加速、コーナー進入減速でのブリッピング時、スロットルフィーリングはイイ。

純正エキゾーストとスリップオンサイレンサー(アクラポビッチ)との組み合わせと比較して、通常巡行速度域での排気サウンドは物足りない。大型バイクの低音サウンドは無い。

高回転域は、若干高音で「クォーン」と唸るので、スポーツ走行の雰囲気、悪くはない。スロットルを開けて楽しむなら、こっちのモナカマフラーがイイ。

見た目は、ZRX1200Rがスッキリまとまる。後方に突き出るものが無いほうが、ZRX系はバイクの絵面がイイ。

純正エキゾーストの耐熱ブラック再塗装の間に使うとか言っていたけど、意外と良かったみたいなので、OTOさん、暫くこれで行くんでしょうよ、きっと。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です