GSXーRにタンクパッドを装着してみたら…

k3のニーグリップがしづらいのでタンクパッド粘着テープでカッチリ貼るのもなんだか…で100円ショップ商品で代用…これが大失敗。

スポンサーリンク

仕方なく、用意していたタンクパッドを試し貼りしてみて、ノンスリップの突起が硬くて剥がしに…

結構な粘着力。益々経年車体にはマジいなと感じ、ゆっくりと丁寧に剥がすことに成功。

┐(´д`)┌ヤレヤレ

こんな強い粘着力じゃ、塗装が持っていかれそうで、

コワ~(;゚Д゚)))

とてもじゃないけど使う気になれず、もうちょっと弱い粘着力のものに…

という事で、ホームセンターのスポンジパッドを購入してきた。弾力あるし、スリップしにくいし、安いし、でイケるんちゃう?

10cm角のものを半分にCut、タンク両サイドに貼る。粘着性はタンクパッドよりは弱そうだし、イイ感じでは?

ちょっと位置が合わなかったので、ゆっくりと剥がしに掛かる…

!(;゚Д゚) NO~

粘着テープ面になんか付いて…デカール端が捲れて付いてきてしまってた。タンクは、デカールシールのところどころが欠損。

しかも青白カラーの分かれ目は、剥離して波状なラインになってしまって…💦

見事にやらかし!デカールはクリア塗装が覆ってたけど、塗りが浅いのと経年劣化も相まって、塗膜が予想以上にダメだったっぽい…

スポンジの粘着テープ程度で剥離してしまうとは…相当に塗膜は弱くなってる証拠。これはもうパッドを貼るなんてのは問題外。

剥がれたデカール部分をタッチアップで応急修理。ここまで劣化してたら、タンク丸ごと再塗装じゃないと完全修復は無理。

スポンサーリンク

見た目が汚いけど、もう仕方がない。塗装しない限りはタッチアップじゃ…

せめて波状になった青白の境目が直線に見えるようにしておく。車体の色合いも劣化して純正カラーのタッチアップ色も合わないけど仕方がない。

どうせ捲れるのなら、デカールシールはタンク直貼りでクリアを乗せずのほうが良かった?なんて勝手のいいことだと知りつつ思うのが情けな…OTZ。

ニーグリップにタンクパッドを貼ろうとしての失態。経年バイクに施すべきでない事をやってしまった💦

後悔しても、昨日までの見た目キレイなタンクの外観はもう無い…。

一見、綺麗にみえるけど…
タンク下部の青白境目が…

経年したバイクの塗膜は相当劣化してるから、粘着系のパーツはよく吟味して施そう。そうじゃないと、こんな事になる。

2024.5追記

100円ショップで、スポンジとマグネットシートを買ってきて再チャレンジした。強力磁石のマグネットで固定…

タンクにはしっかり張り付くものの、膝が当たるとズレる。これでは塗装のクリア層をマグネットシートが擦って傷が入る…✕だ。

またしても…、散財…。ヤバいね(*_*;

もはや、塗装面の弱いバイク側で考えるのは無理か…。膝側でグリップするようなパッドをライディングパンツの外に付けるしかない?

最後に、100円ショップの「シリコンラップ」を試してみよう。それでダメなら車体側での対策は、スパッとあきらめだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です