CBR900RRの買取り?

GSX-R1000のK1が気になって、安い車両がweb掲載されてたので、乗り出し総額を訪ねてみたら、

CBR900RRってさ、人気
ないのか…?まさかぁ~

“代替車両があれば、概算の買取り価格を無料ご案内できます。車体番号、年式、走行距離をお知らせください”

スポンサーリンク

お試しに聞いてみた。

JH2SC33A*VM******、SC33 1997model、56,000㎞

ついでに、外装ヤレあり、ウォーターホース滲み修理済、キャブOH済、テンショナー交換、タイヤ新品交換、LLC交換、

エアフィルター交換、プラグ新品交換、電装・エンジン正常動作、事故歴無し、Fフォーク漏れ無し、エンジンオイル漏れ無し

スポンサーリンク

…と。

いわゆる、使用上に問題が無く必要な交換・整備がされた、“普通”レベルの車体。

その「普通」な性能にするのが、どれだけ大変だったか…。しっかりお金も使って整えたことが価格に乗るか?

不安と少しばかりの期待を込めて、価格提示を数日待った…。発売当時の人気車種も25年超の旧車と言えるバイク。

今の市場に、CBR900RRはどれだけの価値を残せているのか、この車体をユーザーはどう評価してるのか…。

外装こそボロいけど、タンク以外の外装セット(中華製)は持ってる。それを付ければキレイなものさ。

で、価格提示はどうだったか?

市場に価値を残せたとは言えない、ユーザー評価も高くないって価格だった。掛かった修理代にも至らないほど…。

その現実にショックを隠せず。お手頃価格になったとは言え、エポックメイキングな世界で人気を博したバイクなのに…

パーツ供給の難しさ、定期なメンテは旧車に共通したこと。でも同類他車と比べても何故かべらぼうに安価な買取価格。

単に人気が無いとしか言いようが無い。今時に受け入れられない?今となってはノスタルジーな魅力も無いのか…。

こんなんじゃ、CBR900RRがムゴすぎ…。今でも性能は低くない。不具合も無くすこぶる乗って楽しいのに…。

せめて中古車流通価格に釣り合う仕入れ値くらいに…。ちょっと残念な気持ちになってしまった。

売るなら、オークションがいいかもしれない。価値を価格以外に見出せる人に乗ってもらえるチャンス、ありそうだ。

自分には、買取り依頼って選択肢は“無い”。ちょっと足元見過ぎだよ、店頭売値は、○十万円になるくせに。銭ゲバ過ぎるぞ~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です