ZRX1200Rのブレーキディスク交換…失敗デシタ。

ブレーキでジャダ―は発生して、モンキーレンチでディスクを挟んで曲げたり、ヘックスレンチでアルミプレートごと曲げたり…。

スポンサーリンク

あちこち傷だらけにして試したけど、イマイチな結果に修正を諦めてディスク交換することにした。

中古をオクで落札。若干サビてるけど曲がりの質問に外すまで引きずりも無さげって回答だったんでイイかなと。

中古ディスクローター。コイツで改善のはずが…

それがねぇ~。

自分に凸凹にされ、傷だらけのディスクをホイールから外して…ロック剤を塗ったボルトでディスクをホイールに付けて…

ホイールを車体に組み込んでから、タイヤを回転させてみたら…。

(;゚Д゚)ナンテコッタ!

ディスクが左右ともブレブじゃねーの!こんなの使い物にならんやんけー!良くみりゃプレート曲がってんじやねーか、コレ!

という結末だった。やられたな…って、久しぶりに体感してしまったオクの洗礼。最近はほとんどが良識ある出品者。

でもあるんだ、こういうのがねー。商品説明、質問への回答、評価内容とオークション参加数と見て適正と判断したけどさ、確実じゃないなー。

誤解が無いように言っておくけど、落札者側に立って正確な情報を入れてくれる出品者、多いから。最近のオークション。

その中に、ろくに状態を調べもせず適当な説明載せる輩が少しいて、その行為で残念な事になる落札者が出る。

ディスク、説明と違う状態だった。でも返品不可を承諾し入札するわけだから、返品・返金はしてくれそうにない。ウン千円が”👋”Bye-Byeじゃ~。

スポンサーリンク

こんなんやったら新品買っとけば…後の後悔なんとかってヤツだよ。また高っけぇ授業料払ったワ。

また元さやディスクに戻すのか…⤵OTZ。しかたない、モンキーレンチ修正をやっておくことに。

毎度のごとく、まあまあな調整はできた。実走でしばらくすると調整前に戻ってFブレーキで上下動だろ~けど。

調整後に走ってみた。最初は直った感で、数百メートルするとFブレーキで上下動した…やっぱりだ。

でも、ある程度走ると、ブレーキ握るとバイブレーション発生。低速で上下動大きくなるけど、今までよりは振りが小さいかな?

停止する時、上下動のせいで初心者みたいな体の使い方に…ならない。まぁ、我慢できる範囲になったゾ。「今のところ」だけど。

とにかく、中古ディスク落札は大失敗~!悪い事は言わない、みんなブレーキディスクは絶対新品買お~。

フレッシュな新品は、期待を裏切らない。初期不良の交換・返金もしてくれる。「損」を感じることも限りなく少ない。

追記。
何だかモヤモヤしてきた…。こんな物を問題ないと言って出品する輩の実態を残しておこう。皆への注意喚起のために。

ブレーキディスクの変形がどんなものか、ノギスで平場に置いて高さを測定した。よくこれで「問題ない」と言ったな、信じられんワ。

これは1.5㎜くらいのブレ幅があるよね。
これだけあればジャダ―はバッチリ発生

こっちはヒドイよ~。

4mm以上変形してる。まともな出品ならチェックするだろ?こんなの。

今回、動いてみたろか?横行したら困るしの、こんな意識の出品するんは世の害でしかないけぇ~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です