ZRX1200Rのジャダ―矯正、再チャレンジ

ジャダ―が収まらなかった…。ブレーキ掛ける度に上下動が、やっぱガマンできねぇワ~。

スポンサーリンク

そう思ってしまったら、どうしても直したくなった。この際、傷や凹みが出来ようともディスクローターの変形を直したるゾ~!

車体やライダーもグワングワン上下動して、ブサイクな姿を周りにさらしてる。我慢できねぇ。でしょ?

どうせ前回でゴールドカラーのディスクプレートはガタ凹してんだし、今更傷ガタ凹が増えたってどうってことないワ。

よっしゃ!って気楽になったところで、ガレージに直行。ZRX1200Rを再リフト。こうなったらなりふり構わず。一直線なのは性分。

モンキーレンチと六角レンチで、左ディスクのパッド擦れ抵抗がある箇所を外側にひん曲げ敢行~。

傷や凹み、バンバン製造したるぞ~。ためらいが無く大胆にってのは悪くない。しばらく作業してたら、ホイールが軽く回るようになってきた。

スポンサーリンク

キャリパー内側のパッドに擦れる抵抗が少なくなったってこと。ためらいが無く作業したおかげか?

何度もやってるうちに、微妙にススーッとパッドに当たる程度にまで改善した。もうディスク表面の凸凹で擦れる程度のほんの僅かな歪みかと。

これが矯正の限界だなと、作業を完了して車体を下した。試乗してジャダ―が出たら、次の作業は無い。新品に交換だ。

再矯正チャレンジは果たせた。前回のジャダ―矯正不発のリベンジできたならいいんだけどな、あとは試走でどうなるか…に委ねるしかない。

感覚的にはイケそうな気がするんだけどな、走ってみないと何ともねぇ、こればっかりはねぇ。

結果が思わしくない場合は、ホイールベアリング一台分とディスクローター2枚交換、片手くらい用意しないとアカン。

良い結果を期待したいな~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です