ZRX1200R、Stay homeだし、2年ぶりにキャンディーライムに外装交換した。

新型コロナウイルス感染で日本中が大変。感染拡大を防ぐために「stay home」な今年のゴールデンウイーク。

スポンサーリンク

どこにも外出しないので、いつもできない事をこの連休にやろうってなるかな?みんな。それじゃ…ライムグリーン外装を交換しようかな。

1年前にセレストシルバー外装(ZRX1100のを流用してる。)からライムグリーン外装に交換した。ずっと倉庫で寝かせてあったから。

昨年は、外装交換して富山県氷見市に泊ツーに行ったきり、大雨と台風に休日を叩かれ、ほとんどロングツーリングはできなかった…。

昨年から…いい流れじゃないし、気分転換もしないと。外装をガラッと変えてみようとは思っていたんで、stay homeは丁度いいタイミング。

今回は、2年前に装着していたキャンディーライム外装にしよう。この外装はメタリック系だからキレイ。今時なKawasakiカラー。

ZRX1200R、輸出仕様はこのキャンディーライム外装。2004年からは国内仕様もキャンディーライムを選択可能に。今回の交換用外装は、ソレ。

メタリックカラーは高級感というか派手に見えるから、「物」として見てもカッコイイ。ワックスとか塗ればまた更に…。

ソリッド塗装のライムグリーンは、キレイなんだけどメタリックのように艶っぽくはならない。「塗装」って感じ。それはそれで違った雰囲気がある。

外装交換するにあたって…

タンクのガソリンを抜いて軽くしておかないと。脱着作業が大変だからね、重いと。でも、ガソリン…最後までなかなか抜けないんだよな~。

タンクを回しながら、ガソリンを排出する…なんて作業をしなきゃならない。中腰の姿勢でタンクをグルグル回すんで、マジでギックリ腰とか危ない。

面倒なのが、シートカウルの脱着。タンデムバー(左右に付いてる)取り付けボルトを締め付ける際、テールランプ側のネジ穴にボルトがハマりにくい~。

車体右側が特に上手くいかない。これも中腰作業、失敗しまくってると腰に負担が…半端ない。何とかネジ山が噛む感覚を掴むしかないんだけど。

今回、シートカウルのタンデムバーを差し込む穴にハマっているグロメットブッシュ、経年劣化で固化し弾力がほとんど無くなってた。

シートカウルのグロメット

だから、バーが入っていかないのなんのって…。カッチカチなゴム質のグロメット、製品そのものが変形して穴が微妙に小さく?なってた。

何とか無理やりねじ込んだけど、もう交換するべきレベルの劣化。早速、ネットショッピングサイトで購入手配。品番92071-1042を4ケ。

スポンサーリンク

タンクとシートカウルさえ交換できたら、後は比較的楽な作業。サイドカバーとフロントフェンダー、フロントカウリング脱着をサラッと終わらせたら、外装交換は全て終了~。

キャンディーライム外装になったよ~

久しぶりのキャンディーライム、なかなか新鮮だ。何でも久しぶりは新鮮だけどね、メタリック感がカッコいいなと。

せっかくだから、ボディーコーティングワックスを塗布してあげた。だからピッカピカな車体に。ガレージ内にあるものが映り込んでる。結構、鏡面になってる。

ついでにエンジン部分もキレイにしてみた。艶々になってしまったか…。こんな事、特にしてこなかったからなぁ。

ピッカピカだぁ~。今だけだろうな~こんなキレイなのは。

走れば汚れるんだし、このままをキープする気は無いけどね。今回はstay homeで時間がたっぷりあったから、普段やらない事までやってみたわけ。

実際は…組み上がるまでに、パーツを家から運び出したり、ガソリン抜く容器が一杯になって、自動車の給油口へ供給したり…余計な手間が多かった。

小さな家に転居したんで、まだ運び込んでない(置けるのか分からない…。)道具とかあるので、有り合わせで作業だったのと、久しぶりで要領が悪かったんだろうねぇ。

stay homeのおかげで、じっくりと、2年ぶりにキャンディーライム外装への交換ができた。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です