イナバ(バイク)ガレージ、内壁を活用する2つの方法

イナバ(バイク)ガレージにはオプションで棚セットがある。サイドと奥壁用の2種類、それが道具や荷物の収納スペース。

スポンサーリンク

それ以外には収納スペース無し。壁掛けフックの取付け箇所もほとんど無いけど、どうにか内壁を活用できないか…。

イナバガレージ使ってるひとには、きっとニーズにあると思うんだけど。収納って必要な要素になってくるから。

スポンサーリンク

自分であれこれDIYするひとは、収納について考えるはず。自分だけじゃないよ、きっとね。

S字金具の小さいものを、棚固定フックの取付け穴が並ぶ中から、中央に丸く欠けがある穴に差し込んでぶら下げ、それをフック代わりに固定するって方法が1つある。

ただし、基本は吊りモノにしか使えない。欠けがある箇所が決まっているから数も限られる。自分はツールボックス用のベースマット、この方法で固定してみた。

もう1つ、もっと展開性のある方法を考えた。実際にやってみたけど、なかなかイイ感じ。紹介するのでやってみては?

例としては、電源・ブレーカースイッチ板の設置、荷掛けフックの増設、棚の増設などいろいろあると思うんで、自分流でいろいろ考えてみるといいよ。

使うのは、

「インプルナット」

これは、手が入らずナット固定ができない箇所に、ボルトを固定する内装工事でよく使われるパーツ。

これの4~5㎜厚の製品を使って、内壁に板や棒材などをしっかり固定することができる。

要するに、ナットの代わりにネジ溝が切られたプレートを穴に差し込んで固定するというだけ。単純だけど便利な部品だゾ。

インプルナットを使えば、ガレージの壁に穴あけ加工とかも一切不要で、しかも簡単に板や棒材が取付けられるのがメリット。

・4~5㎜のドリルピット

・電導インパクト(ドライバー)

・M4~M5の必要長さのボルト&ナット

・ドライバー

・スパナ(ダブルナット固定の場合など)

・必要サイズの板・棒材

・のこぎり(材をカットする場合)

必要な工具は、このあたりを用意すれば十分かな。 インプルナットの固定方法については、イメージはこんな感じ。

分かってもらえるかな?こんなので…。(イメージさせるのって難しいよね~)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です