AKY-958の走行レビュー 其の二

メーカーから波状ノイズ対策として手配してもらった交換用電源コード。国際郵便EMSでようやく到着したから、さっさと接続し直した。

スポンサーリンク

自分の見当違いなポジションランプ系統へのミス配線が原因で、走行中に電源オンオフを繰り返したと判明、フロントブレーキ+端子に割り込ませ問題が解消した。

走行後、映像を見て愕然とした。

波状ノイズは解消されず、被写体がフニャフニャと揺れて酷い有様。画面が引き伸ばされたり縮んだり…。

https://youtu.be/Ygn9kSDYvuI

路面のギャップが原因と断定はできない。そんなにガタつく道路を走行してきたわけじゃないから。

前後に荷重が常に移動するバイクだからと言って、これほどフニャフニャな映像はちょっと変だ。

部分的には正常とも思える映像もある。何かの拍子で上下に波状のノイズが生じているような感じ。

前後のカメラは似たような映像が撮影されている。本体の映像処理が不良なのか、カメラの性能が悪いのか…。

素人が思案していても仕方がないので、メーカーに再び問い合わせ。

電源コード交換では、ノイズが改善しなかったことを通知し、カメラはステー&ボルトで車体に固定し振動で大きくブレるものでは無い事も追加報告。

撮影した映像をピックアップして送信もしてみたところ、返事が来て交換用カメラを送付するとのこと。

カメラなのか…?USB接続で車両に到着しない状態では正常に撮影できる。車載するとエンジン始動でノイズが発生するんだけどなぁ。

スポンサーリンク

エンジンノイズを拾うのか、カメラの上下動を本体側で制御できていないとは疑わないのか?

なぜか本体には言及しない。前回は電源コードが悪いと判断、今回はカメラが悪いと判断、送った映像から判断したと言う。

本体も一緒に送らないのは何故なんだ?そのほうが判断しやすいと思うんだけども。周辺パーツから試していくって方針なのかな。

自分はいいけど、他の人はどうだろう?まどろっこしい対応と思うかもしれない。スパッと全品交換したほうが手っ取り早いのは確か。

というわけで、まだノイズは解消に至っていない。カメラが送られてきたら…。

フロントカウル脱着
シート脱着
前後カメラ&配線脱着
走行
映像確認

という工程を辿るわけだけど、活字で書くと5行の作業は、意外と時間がかかるんですよねぇ。それが徒労に終わるとねぇ、結構、心がしんどい⤵ OTZ

さて、どうなる?

直ったら、動画編集したいな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です