ZRX1200R用に、AKY-958用のステーを製作してみた。

AKEEYO製のドラレコを購入。カメラの位置をフィッティング。外装に両面テープで貼付ければ簡単なんだけど…。

スポンサーリンク

外装、たまに雰囲気で替えるのでチョットねぇ。ECTの電源モニターランプでさえ毎回貼付け直しで面倒だと思う。

だから、ステーを製作することにした。リアは…、一般的なナンバー上くらいに。

T字かL字金具を曲げて、ナンバープレートボルトに共締めすればイイかな?くらいにイメージした。

フロントは、これがなかなか。できればカウル下にこっそりとやりたいんだけど、カウル下に出っ張り作るとフォークが沈み込んだ時に、フェンダーにガツンってならないか…。

カメラ撮影ができる位置、結構下側。それにブレーキホースとか収縮すると邪魔になりそうだし。

避けたほうが良さそう。フェンダー&カメラがオシャカになるのは勘弁。リスクがあるなら、避けるべし!

さて、そうなると格好のヨロシイのは…。ま、ウインカー近辺?顔側面にウェアラブルカメラ付いた感じ…いいんじゃないの?

フィッティングしてみて、ウインカーの固定ボルトの下側に共締め決定。一番車体に近い位置だし、ウインカーの邪魔にならないから。安全にはちゃんと配慮!

共締めするには、ボルト長を5㎜くらいロングに交換しないと。

とりあえず手持ちが無い。後で買いに行くとして、まずは前後のカメラ用ステーを加工する。

リアのステー加工

ナンバー裏でボルトに共締めするために、L字ステーを使う。(正面に共締めは、道交法上どうだか分からないので止めた。)

スポンサーリンク

自分から見てL字のステー上端を手前側に、ボルトからナンバー端までの約20㎜でU字になるように曲げる。

ナンバーボルトに共締め。ステーが水平になるように微調整。

フロントのステー加工

ウインカーボルトを5㎜程度長いものに交換する。

ウインカーを固定後、ステーをウインカーボルト下にナットで固定。

ステーが水平になるように調整。

とまあ、ざっと書けばこんな感じ。でも、ホームセンターの建具用L字ステー流用したので、ネジ穴を6㎜に拡大したり…。

カメラガイド金具の穴位置が合わず3㎜の穴を新設したりと、多少の手間が必要だったけど、人それぞれ。なるべく手間が掛からない流用を考えてちょ!

自分のパターンの場合は、参考にしてもらえればと思いマス。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です