LEDスリムウインカー、1年で日焼けした。で、交換+あれこれ。

昨年の今頃、車検を受けてから交換したLEDスリムウインカーだったけど、オーソドックスなフィラメント球のウインカーに戻した。

スポンサーリンク

LED=消費電流が少ない(エネルギー的には抵抗が大きく省エネかどうかは?だけど。)バルブを、なぜフィラメント球にした?

何で?の理由はちゃんとある。

つまり、紫外線で表面劣化が発生している。それでも、発光はフィラメント球では太刀打ちできないくらい明るく性能的には問題なさそう。でも、たった1年で劣化するブラスチック…材質の耐久性は思いのほか低かった。

消耗品だとはいえ、保安部品。照明部が意外と早く劣化が発生したというのは、それ以外の耐久性にも不安を感じないわけではない。だから装着したままにしておけなかったというワケ。

まぁ、値段が値段だけに相応な製品だろうと納得できている。1年間でプラスチックカバーが“日焼け”するぞ~。購入は、“その辺りを押さえて判断すべし”ってアドバイスができるなぁ。^_^;

この安価なLEDのスリムウインカーは、おそらくコピー的な製品かと。だから、良質な素材を使用した、高価な製品がきっとあるはず。

堂々と車検対応の商品でカスタマイズするなら、こういった正規オリジナル製品を買うほうが得策。
参考: https://www.bugbro.com/02TurnSignals-9-LED-MATTBLACK/1.html

それは間違いない方法だろうけど、一方では安価なパーツを短期間で取り換えて「変化を楽しむ」という選択肢もアリか…?

交換しているのは、ZRX用のPOSHウインカー。純正ウインカーをコンパクトサイズにした社外品。(文章最下に載せてある製品)

これに比べると純正品はサイズがかなり大きい。車体に対して何だか「デカッ」と感じてしまうんだ。

画像の手前側はPOSH製ウインカー、奥がLEDスリムウインカー。POSHのレンズがブラックスモークで似合ってないけど、セレストシルバー外装に合わせていたままのヤツだから。

今はスモークオレンジのレンズにしてある。ライムグリーンカラーには似合ってる…はず。

スポンサーリンク

画像、撮ったので。現行はコレ。(そういえば、外装も今はライムグリーンに交換してた。)

あ、そうだ。ウインカーをLEDからフィラメント球のものに交換したら、リレーも純正に戻さないといけない。フラッシュ間隔が短くなって車検通らない。気を付けて。

【POSHのスリムなウインカー】

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です