車検代が嵩むから250㏄バイクに乗る?思うほど経済的でもないゾ~。

大型バイクに乗っている。ネイキッドバイクのZRX1200Rに。

「大型バイクねぇ。車検代掛るやろ?そやから、俺は250㏄乗ってるんや。」

スポンサーリンク

まぁ、よく聞く話。ずーっと前から脈々と受け継がれる“車検代、勿体ない説”

250㏄以上は、新車購入後3年、それ以降は2年ごとに車検を受けなければならない。ショップ入庫で4~6万円は必要。

どこか交換部品があれば、更に費用が加算される。250㏄未満は出力も小さいので、日常点検でOKということなんだろうか。

排気量249㏄と300㏄のバイク。どちらを購入するかと言えば、90%以上の人が249㏄を選ぶ。車検代が要らないから経済的だろ?って。

確かに車検代の6万円が要らない。排気量が近いなら6万円の差は大きいね。

車検は、3万円/年の点検料を支払う格好。それは安全のため。バイクのコンディションを保つため。

1000㏄オーバーでも5千円/年程度のアップくらい。べらぼうに大きな差にはならない。

250㏄未満は車検代が要らないのは事実。だからといって、250㏄未満のバイクだから、何もやらなくていいわけじゃない。

スポンサーリンク

長く乗ってれば、動作部分は徐々に消耗する。使う頻度が多いほど消耗は早くなる。

機械である以上、避けられないこと。安全のためには、交換や修理は付いてまわるもの。

体が外に出ている二輪車は、部品が正常動作しないと一瞬にして命に係わる事になる。リスクは四輪車の比ではない。

だから、250㏄のバイクでもメンテは絶対必要なことだし、やらないで走るなんてリスク高すぎ。避けなければいけない。

エンジンや駆動系、電装系、DIYで可能な部分はある。だけど、専門的な知識や技術がないと対応できない部分も、それはたくさんある。

大抵の場合、そういうところが肝心な部分。ショップや信頼できるメカニックにチェックしてもらう。

DIY範囲の点検でさえ、パーツ代は発生する。(バイク部品は高い!)専用工具がなければ時間も掛かるし、余分な出費が必要になったりもする。

としたら…車検代が高いという話になるのか?本当に不経済なのか?250㏄以上のバイクに乗らない理由になるか?

2年間走った車体、通常点検だけでいいはずがない。それは排気量の大小なんて関係ない。掛けるべきお金は掛けることになる。

だから…

「車検が無いからお金が掛からない」

というものではない、と思う。

車検代が60,000円としよう。自賠責と自動車税を250CC未満と250cc超で比較してみると…。

排気量250cc未満は、約15,000円+約8,000円=23,000円
排気量250cc超は、約15,000円+約12,000円=27,000円

2年間で4,000円の差。250cc超の車検代で言うと残りの33,000円くらいが整備点検料。

ブレーキやキャリパーの調整とか15,000円くらい、1年もあればショップで使わない?だったら、そんなに大きな出費差かな?

思い切って600CC~の大型バイクに乗ってもいいくらいじゃないかと。もちろん、大型免許があっての話だけど。

多少は経費が余分に掛かると思う。でもそんなに大きな差にはならない。

それ以上に、大型バイクのトルクや加速性能を手にした喜びがきっと勝る。一度体感するとそれまでとは違う感覚になるはず。

購入価格だって、十数年前の大型バイクならリーズナブルな値段の車体も多い。250㏄バイクの新車を買うより安い車体がいっぱいある。

最新式のバイクでなくてもいい、メンテナンス費用と車検代に大差がないと思えたならば、今こそビックバイクという選択も「有り」だと。

自分的には、車検代が嵩むから250㏄未満のバイクに乗るという話は、経済的なんてことはないと考えている。

そう考えるのは、車検が無い=メンテナンスフリーだと勘違いしているんじゃないかと思う。

それって、怖い事だ。リスク高すぎだ。車検代が嵩むから250㏄にする説は、あまり真剣に聞かないようにしたほうがいい。

バイクの楽しみ方や安全運転を考えると、そう思わずにはいられない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です