ZRX1200R、カーボンフロントフェンダーのマッチング、絵で確認もイメージできる?

ZRX1200R、カーボンフェンダーに交換してみたことがある。何だかカッコ良くなりそうだったから。

スポンサーリンク

実際、ハマるとなかなかイイ感じになるパーツ。雑誌のカスタム車両などによく使われていたりする。

そのイメージで買ってみたら、意外にも「・・・」ってなった。車体はライムグリーン、感覚的にはイケるかなと思ったんだけど。

フロントフェンダーがカーボン、何かバランスが悪い。そこだけ異質で浮いた感じがした。

だから、すぐライムグリーンの純正フロントフェンダーに戻してしまった。

ここでの教訓、
頭の中でイメージ描いても、現実とのかい離は思った以上に大きい。カスタム車両でイメージするのも同じようなものってこと。

それなら実際に見るしかない。実車の全外装色を比較なんてのは簡単じゃない。だけど見る方法はある。しかも意外と簡単。

マッチングイメージだから、インパクトを受ける部分を表現できればいい。特徴だけが表現できていれば、絵画で大丈夫。

だから、外装パーツやデカールを絵にしてみた。ZRX1200Rの外装カラーに、カーボンフロントフェンダーがマッチするか見てやろう。

ここからは、自分個人の感覚で説明する。最初に断っておくけど、イメージの感覚には個人差があるんで。

2001年~2006年ライムグリーン

フロントがカーボンの繊維が羅列して模様があるフェンダー、ライムグリーン一色のベタ塗りな外装とは全体のバランスが悪い。

2004年キャンディーライム
ボディーがメタリック塗装で、ライムグリーンよりブラック方向に寄せたグリーン。明るさはライムグリーンよりはるかに暗いけど、それがカーボン織にマッチする。

2005年キャンディーサンダーブルー
このカラーはメタリック塗装。カラーがライムほど主張が強くない。カーボンとの相性は良いと思う。

逆車(輸出車両)のグレーメタリックカラー(正式名称は忘れた)
このカラーリングは同系色っぽいから、カーボンとのマッチングは悪くなさそう。

スポンサーリンク

セレストシルバー(ZRX1100)
このカラーはメタリックの水色系シルバーカラー。カスタム車両でカーボンフェンダーを装着している車体がある。

エンジン回りのカスタムやホイールのカスタムで雰囲気がガラッと変わる。純正カラーでは、ややカーボンは浮いた感じになる?

特に濃いめのカーボンフェンダーは、合わないと思う。

 

さて…どう感じただろう?抽象的というか、ヘタな絵だとかは別として、このような絵から想像しても、そうそう見た目にハズレは無い。

イマジネーションで判断すると失敗もある。良い買い物をするためには、手間・暇を惜しまないことが一番。

イラストが上手な方、映像クリエイターならば、実写候の車体装着イメージを作れるだろう。でもまぁ、素人でもこの程度な絵でイメージできるから。

やってみてよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です