end-of-the-road-carburetor-motorcycle 消えゆくキャブレターバイクに…というハナシ。

毎回厳しくなっていくばかりの排気ガス規制。それに対応できず、生産終了へ道を辿ったキャブレター式気化器のバイク。2007年(平成19年)から全廃に。

スポンサーリンク

国際的な環境基準に合致する必要がある。環境保護は必要だから、やむを得ないこと。しかし、それと同時に楽しさもいくつか失った…。

そう感じるのは、自分だけだろうか…。

新しい気化器の代替技術“インジェクション”を否定はしない。それはキャブより格段に進歩し、世に出て讃えられるものだと思う。

環境性能、精密制御、高馬力、低燃費、どれもキャブでは到底かなわないレベルにある。

それは分かっている。だけど、自分の感性はアナログなキャブを求めてしまう。まだ、「今」を受け入れられずにいる。

キャブレター。モーターサイクルが派生してから続くパーツだ。原始的なパーツと言われつつ、改良が施され進化もしてきた。

負圧による自然吸気というアナログな構造、改良によって性能向上ができるので、カスタマイズという趣味を併せられた。

メカ好きな一般ユーザーで、それは手掛けることもできた。それをすることが誉でもあった。

そして、スロットルを捻れば、即、呼応するエンジン。リニアな操作感が爽快感をもたらした。

メンテナンスが大切。怠ればぐずつき、走りもしない事さえ…それがキャブの気難しさ、特徴的な話だ。

電子デバイスで細かく制御されたインジェクションとは違う。言わば“無駄”があって人間らしい。少々のはみ出しを許容する懐がある。

スポンサーリンク

プロに試された優秀な出力マッピングで、誰でも均一な性能を発揮できるインジェクション。最近は、電子スロットル操作にタイムラグすら感じない。すごいことだ。

初心者でも扱えるフレンドリーな性格。そして高度に制御されたパワー特性。これはこれで今の時代の産物。心地よさと高性能が同居なのだ。

だけど…自分には“人間らしい”ほうがイイ。時にやんちゃで時に素直で、無駄なしぐさも多いほうが、親しみが湧き愛おしくも思う。

キャブレターなバイク、生産はもう二度とできないだろう。だから、今あるものを大事にするしかない。

だけど、これからはパーツ供給もどんどん減っていく。量産されなかった不人気車種は一気に消えていくはず。

それらを街中で見る事は近い将来無くなるだろう。量産車両でさえ、いずれはそうなる運命だ。

その頃には、電気自動車が占めて、ガソリン車の全てが存在していないかもしれない。そうなると…。

キャブレターは確実にやがて消える。それを楽しむのは、「今」しかないのかもしれない。インジェクションが主流の「今」しか…。

消えゆくキャブレターバイクに、一度は乗ってもらいたい。機械としての粗さが残る、それで良かった時代を知っていてほしい。

そのテイスト、作られることは、きっと…もう無い。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です