don’t-drop-corner, fall コーナーリング、バイク「倒す」じゃなく「倒れる」

これ、あまり変わらないようだけど、違うんだよなー。特にバイクに乗り始めた頃なんて、その差を考えたりはしない…か。乗ることが楽しいから。

巷のライダーの会話、「~で倒す」とかだよね。「~で倒れる」なんてそうそう言わない。

スポンサーリンク

倒れるって“危険”を想像する?まぁそれもあるかもしれないけど、たぶん能動的な表現のほうが“操ってる感”あるからじゃないの?

テクニックとして、「倒す」は正解だと思う。でも、バイクを公道で扱う場合には「倒れる」が正解じゃないのかな。

力んで走るには、とてもリスクが大きい公道。対向車…歩行者…荒れた路面…いろいろ注意を配らなきゃいけない。

だから、自然にバイクを扱えることこそ、“テクニック”。他人にだって上手に映るはずだ、きっと。

だから、コーナーリングは「倒れる」なんだなーと思うわけ。

どういうこと?大ざっぱに言えば、力に任せないってことになるのかなぁー。

バイク(二輪車)は、バランス&スピードを保つことで直線運動ができる。不安定になると旋回運動をする。

つまり、倒れないと曲がっていけない。倒れ込む動作(不安定さ)に“積極的”にならなきゃいけないんだ。

「倒れる」=怖いという意識に繋がって峠道や下り坂がキライになっちゃうか、力んで「倒す」操作をして怖さを感じてしまう…。

それは、“積極的に曲がる操作をしなきゃいけない”と無意識に動いているから。いつも緊張しているわけね。だから動きに余裕が無い。

曲がる方向にハンドルをこじったり、体を必要以上に傾けていたり…。肩や手頸がガチガチで乗ってる。目線も近く狭くなってる。

これじゃ、周りの動きに反応が遅れる。そりゃ~怖い思いをする。考えれば当然な話なんだけど…。なかなかねぇ、そんなの考えないよねー。

スポンサーリンク

でも、コーナーでバイクが「倒れる」なんて、怖くないし楽にできるものだとしたら…ガラッと感覚が変わるよね。

実は…「倒れる」なんて、ちょっとした事で「あれっ」と拍子抜けするくらいだ。すぐ終わっちゃう。

分かりやすい方法があるので、やってみると…。

両足均等に体重を乗せる感じで立つ
片足に若干の体重を載せる
その足を後ろにずらす

どうなったかな?

後ろに引いた足のほうに、体が傾いてバランス崩したよね?

倒れないように足を踏み出すくらいアンバランスじゃなかった?

旋回は、この動作をバイクに跨ってするだけ。それで十分。

具体的には、

曲がる側のステップの足を後ろにずらす
曲がる側の膝が下がる
その方向に体重が移動する
逆らわず、体をシートに預ける
ハンドルがクルッと内側に曲がっていく
逆らわず、ハンドルを軽く握っておく
コーナー出口で体を起こす

ハイッ、もうおしまい。

特別な操作は…無いよね?ただ、体重を曲がる方に自然に預けて戻しただけ…。簡単に曲がり過ぎてビックリするかも?

車体が倒れていっても怖くないはずだ。あっという間に終わっちゃうんで緊張が無いから、リラックスしてると状況を見渡す余裕もあるはず。

バイク、倒れて…コーナーリング楽にできた…。なら、倒れるのはもう怖いものじゃない。“扱えるテクニック”になった。

バイク、公道では「倒す」より「倒れる」だって、納得したかな?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です