ride-to-hidaji-in-autumn バイクで秋の飛騨路へ

平日連休、北陸ライドがポシャリ(中止)ましたぁ~。いきなり都合が出てきまして、狙い撃ちしていた天気予報の晴天2日。そのうち1日が家事都合で出禁~。

(゜_゜>)ウーン…まさか、こうなるとは予想外だったよ。

スポンサーリンク

こんな時に限って、すごい快晴!絶好の日和やんかぁ~。こんな時に乗れないなんてぇぇー。気持ちは、どーしても曇り気味に

そんな1日が過ぎ、翌日も快晴で…かと言ってあても無くどうしたもんかと。このまま何もしないで過ごしたら勿体ないのは分かっている。

だから、手に入れたインカム用新型イヤホンマイクの走行レポでも書こうかと出かける事にした。YouTubeをBluetooth接続で聴きながら走行していたら、電話が着信。(おぉ、着信に自動応答。使えるじゃん、このイヤホンマイク。良さげだぞぉ。)

「どうもぉ~。あのさ、俺、これから飛騨路に走りに行くワ、暇?予定無いならどうや、行かへんか。」

「あ、今、バイク乗ってます。今、ちょっとお試し走行中でして。」

「なんだ、そうなのか。了解、無理しないでいいゾ~。」

なんで、そんな事言うん?秋の飛騨路でしょー、しかもこんな晴天。雲なんて周りにないし~連れてってくださいよぉ。

「いやぁ~、お試しも大体終わったんで、行きますワー。何処で待ち合わせします?」

スポンサーリンク

お誘い。無碍にはできません。あてのない1日にガッツリなろうとしていた今日。救世主ですワ。先輩、アナタは。

で、途中待ち合わせてR41で飛騨路に向かった。なぜか、自分が先導しろとのお達し。10月下旬では、飛騨の南側では紅葉シーズンに入っていない。

下呂市の小坂町を過ぎた辺りから山頂付近が紅葉っぽい色合いになってきている。真っ赤な葉もちらほら見える。紅葉シーズン、寒いだろうけど行けたらいいなぁ~。

信号で停車中、

「久々野のもだに農園知ってるか?そこ寄るぞ。リンゴ買いたい。ほら、追い越し登坂車線の始まる辺り、左側に看板ある。」

ハイハイ、何となく分かります。そこまでノンストップで行きますヨ~。

はい、到着~。ここです。

へぇー、包丁で切って味見して買うスタイルなんー。嗜好にあったリンゴが買えるのがいいやん。見た目で「ハズレ」引いて損した気分…それは、絶対無いね。

ミツバチがリンゴを一緒に突いていた。そのリンゴを試食するか…。ミツバチが食べるんなら、美味いんとちがうかな?

甘っま~。どれも甘みが強い種類やん。酸味の強いリンゴにはミツバチが寄ってない。この差が蜂蜜に関係するん?

ミツバチがたくさん突いていたリンゴ、一番甘いと感じた“シナノスイート”を購入した。お土産ができた~。旅行だな、これは。有意義な1日になった。ヨカッタ。

午後2時頃でまだ多少日照時間があるので、久々野から高根方面に向かってみた。朝日ダム湖畔は、紅葉時期に入っていた。

黄色と赤っぽい葉の広葉樹が目の前に広がり、秋の飛騨路を走っている感覚はある。まだ、本格的ではないけど十分「秋」やん。

高根の道の駅に寄り、コーヒーでも飲もうかとしたけど、もう営業時間を過ぎていてダメ…。残念。

そのまま、来た道を戻りながら、朝日町の道の駅で休憩。小腹が空いたので蕎麦を食べて帰えろかと。

自分は、R41の岩屋保井戸トンネルを経由するので、そこで流れ解散。先輩、本当に今日はタスカリマシタ!良い1日が過ごせましたぁ。(^_^)/~

明日からはグズつく天気予報、もう大して気にはならない。1日乗れたこと、マイクイヤホンも使えるシロモノだったこと、美味しいリンゴの土産も…これで十分デス。

動かずして、ラッキーは呼び込めない…のかなー。秋の飛騨路、行けて良かったdesu。

夕方です…パチリ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です