ZRX、セレストシルバー外装、ブラックなサイドカバーを付けてみた。

ウチのZRX1200Rは、ただ今セレストシルバー外装。ZRX1100の外装に置換しただけ。(フレームステーを加工しないと、1100のガソリンタンクはポン付けできないから、注意ネ。)

ガンメタ系のエアクリーナーボックスのサイドカバー、ブラックにしたら統一感が出ないかとブラックに交換してみた。

スポンサーリンク

フレーム、クランクケース、ラジエターと、周りにブラックが多いんで、ガンメタよりは調和するような気がしたんだよね。

結論から言います。「微妙~」です。何だかシックリこない。エンジン周りだけを見たらいい感じにまとまって見えるんだけど。

車体全体として眺めると、サイドカバーが“浮く”。周りに同色があるのに、なぜかそこだけ浮いた感じに見える。もちろん、私的な感覚だから皆がそうだとは言わないけど。

スポットで見ると悪い配色じゃないのに…。何が影響している?たぶん…パステルカラー系の外装とのマッチングが良くないんだと思う。

セレストシルバーは、メタリック塗装だけど淡い水色。パステルなカラーだから、原色系とは…合わないよね。

ブラックは、原色だからビビットカラーには合う。パステル系にはインパクトが強すぎ。

洋服のコーディネートでも、この組み合わせは難しいと思うし、今回の外装色とのコーデに違和感を感じた理由もそれだと思う。

ZRXには、キャンディライムグリーン、キャンディブルーといったカラーラインナップがあるので、そっちにはブラックカバーは合う気がする。

ZRX1100のセレストシルバー外装って、エアクリーナーのサイドカバーがガンメタカラーの理由が分かった気がする。コーディネートからすると、ジャストフィットだと今なら思える。

そして今回の教訓。外装パーツ類はトータルバランスで配色イメージするべきですネ。セレストシルバー外装にブラックのサイドカバーは、ちょっと‟合わない”かな?

スポンサーリンク

たぶん、カーボンカラーはいけるんじゃないかな?ガンメタっぽいし。

余談です。

エアクリーナー後ろのサイドカバーまでダーク系にすると、シルエットが細く見える。あえてリッターオーバーのバイク感を出さないようにしたい場合には効果的だと思う。

横幅がスマートなイメージが好きな方向けのちょっとしたカスタム。ZRX1200Rの輸出仕様がスリムに見えるのは、この配色効果だと思うな。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です