ZRX1200、ユーザー車検3回目が目前。で、何となくいろいろ書き留めてみた。

何度か経験したユーザー車検。だけど、2年周期だから検査手続きは…しっかり把握していないなー。用意する書類は大体分かってるんだけど。

そろそろちゃんと覚えないといけない?と言ってても、どうせ喉元過ぎれば…で、きっと忘れるから書き留めておくことにした。(-_-;)ソウイウモンダイカ?

スポンサーリンク

【車検(継続)検査】

車検の継続検査は、最寄りの検査場で受検できるので、ナンバー管轄地の検査場でなくてもOK。「登録手続き」は、管轄の陸運局事務所に行かないとダメ。間違えないように!

ということで、ウチのZRX1200。2001年式だから、排気ガス基準値適合検査がある。H11年度排気ガス基準値をクリアしなければならない。

社外マフラー付けてると、排気ガス検査合格証明書、通称「ガスレポ」の提出が必要。公道で使用可能な製品である証明書類記載の試験値と実測の整合を確認するんだ。

ガスレポを忘れると車検受けられない場合もあるとか。受検できたとしても書類不備で合格にはならないかな?

社外マフラーは、新品購入時にガスレポが付いてくる。でも、中古品などは紛失してしまっているから、メジャーメーカーは有料で再発行してくれている。2,500円くらいかな。

再発行といってもコピーだから。(ヨシムラは単純にコピーが送られてきた。)これが、2,500円?って思ったけど、(;一_一)まぁ、車検が受けられる訳だから良しとした。

昔は無料サービスだったらしい。でも、再発行乱発でメーカーもたまらず有料にしたとか。検査場に「FAX流せ!」なんて要請も多く…モラルから生じた有料化。これもかOTZ…

●検査手順…自分の利用する検査場でのもの。場所によって違いあり。
【排気ガス】

車体を排ガスチェッカーの傍に停め、機械のボタンを平成11年度排気ガスに合わせる。バッフルからセンサーを突っ込み、自分は踏み板の上でしばし待機。表示板のサインが〇なら合格。
【ヘッドライト】

そして、ヘッドライトテスターで照度と光軸を測定する。測定は、基準から外れていた場合には2回まで再測定ができる。

照度は、純正のバルブならまず問題ない。HIDやLEDは意外に基準値から外れる場合があるので注意。ケルビン(色合い)が思うより高くない製品も多いので、純正ハロゲンが安全パイ。

ヘッドライト脱着をしたのなら、光軸がずれていると思ったほうがいい。検査場の近くに整備工場や調整ドックがあるはず。有料で調整してから検査を。料金は3,500円くらい。

定位置に車体を移動させ、跨ったままライトをハイビームにして待つ。すると測定器が近づいてきて正面で止まる。正面の表示板に〇が付けば合格。

ここで、検査書類を横の機械に差し込む。検査印がガチャンと押されたらOK。一安心だ。

この2つをクリアすれば、ブレーキの効きやホイールバランス、ハンドル幅やマスターバックの高さとか、基準範囲に収まっている限り、まず合格すると思う。

もちろん、水漏れやオイル漏れなんか無い状態をキープしての話。まぁ、そんな状態では車検を受けには行かないか。^^;

ユーザー車検は、検査手数料が1,700円、重量税が4,600円、自賠責が11,520円、OCR用紙代50円で17,870円。ヘッドライトテスターを使えば3,500円プラスの21,370円。

調子が悪いとか、メンテナンスしていない車体ならいざ知らず、日常整備している車輌ならば、ショップ車検の半額以下で済むだろう。

もちろん、自分の車検持込手間やガソリン代は無視してだけど、ツーリングみたいなものだし、メンテのできる人はユーザーで受けてみるべきだよ。

自分で必要な整備して車検を通すわけだから、メンテに自信が付くし、安全への意識を養えると思うけど?

何はともあれ、ウチのZRX1200Rは近々に継続車検だし。もちろんユーザー車検。(^^♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です