ZRX1200 キャブレターの「少々」カスタム

キャブレターは、排気ガス基準の関係で国内と輸出仕様ではパワーが違います。国内100PSに対し、輸出仕様は125PS。かなり差がありますね。

スポンサーリンク

なので、ライダーの「規制」に対する思いには、「本来のパワーを我に」というものがあるそうな。おとーさん語りです。こちらではよく分からないですけど(笑)

本来のパワーに近づけたい指向の方は、純正パーツを交換して、「輸出仕様」にカスタムするのが手っ取り早くて効果ありとか。年式によって排気ガス規制値が違うので、交換パーツもそれに応じて違うようです。

レーシングキャブほど神経質ではなく、細かい調整も要らないようなので定番なカスタムみたいですね。カスタム方法&パーツは、以下のサイトが参考になるでしょう。

フルパワーカスタムについては、実践されているお詳しい方に任せるのが一番確実です。

★2001~03’ZRX1200フルパワーキット
http://www.jp-pegasus.com/zrx1200-carburetot/carburetor.htm

一方で、フルパワーより普段使いのレスポンス重視という方へご紹介。交換するだけで高回転域でノーマルとの違いが分かるはずです。

 画像はZRX1200の取付例です。作業中写真なので1個しか交換していませんが。キャップボルトを締めると、本体とギリ干渉しない程度(1㎜空くか否か)です。なので、アルミ製の極薄スペーサーなどをキャップとボルトの間に挟むといいかも。

下図のように、ニードルの上下動距離が長い=ガソリン噴射量が多い=パワーが出るということです。

同じ効果でも純正パーツがお好きな方は、下記の品番でkawasaki部品取扱店でお求めください。
品番:16005-1055

中古品でOKなら、ヤフオク検索です。キャップのみ出品というのは少なく、キャブ一式を落札する感じが多いみたいですけど…。

いずれも、適用モデルは「2001-2003年式」ですので、その点はお間違いなく。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です